小鼻の施術方法

人によって小鼻の状態はさまざまですので、施術方法もそれに対応して何種類かあります。主な方法をご紹介しますので、ぜひ参考になさってください。小鼻の大きさによって、比較的狭い範囲で少しだけの整形が可能な場合と、やや広範囲にしっかりと整形したほうがいい場合があります。

まずは、軽度な施術からご紹介します。こちらは、メスを使わず、比較的気軽にできる糸を使った施術ですが、両方の小鼻に糸を埋め込んで、真ん中に引っ張り寄せるようにする施術です。使用する糸は2種類あり、そのまま残るナイロン製の糸と、約3か月から6か月かけて自然に溶ける糸があり、こちらは元に戻ってしまいますが、試しにこの溶ける糸で、顔の全体の様子を見てみるというのもいいかもしれません。

次に半永久的な整形の場合のメスを使って小鼻そのものを切開する方法ですが、比較的目立たない鼻の穴や小鼻の内側を切開する内側法と、小鼻の外側を切開しますが、すぐ横の溝に合わせて縫合する外側法があります。医師と看護師時には、両方を併用する場合もあります。より理想に近い状態にするためには、具体的な希望を告げ、最適な方法を医師と相談しつつ、施術の内容をよく聞くなど、わかりやすく説明してもらうことが大事です。

 

施術料金と術後ケア

美容整形と言えば、もちろんその仕上がりも気になりますが、施術料金や術後の様子も気になるところです。まずは料金ですが、糸を使って行う小鼻縮小料金は、約20万円が相場のようです。メスによるしっかりとした施術の場合は、約30万円前後とやや幅があります。医院によってもかなり違いがあり、支払方法によっても違いがありますので、いろいろ調べてみるのがよろしいでしょう。ホームページなどで明確に提示されているところが安心材料の一つです。

女性次に術後の様子ですが、どちらも局所麻酔を使っての施術になりますので、麻酔後の違和感や痛みは多少残ります。しばらくすると消えますが、糸を使った施術の場合、その後のいつも通りの洗顔などの生活習慣に戻るまでの期間が約3日前後かかります。腫れも切開した場合よりは少ないようです。メスを使った場合は、痛みや腫れは糸の場合よりも個人差がありますが、こちらも約1週間前後で通常の生活ができるようになります。

どちらも術後すぐは洗顔の際にゴシゴシ強く洗ったり、鼻を強くかんだりしないように、またうつ伏せに寝たりしないようにしましょう。約1ヶ月経つとどちらも落ち着いてきますので、その間は少し気を付けて生活するに越したことはありません。だいたい6ヶ月で完璧になります。

小鼻の最新美容整形

今回は、多くの人が一度は気にする鼻の美容整形についてまとめてみます。鼻は顔の中心部にあるので、日常生活において鏡を見たり、人との会話をする上でどうしても注目されるところです。鼻の雰囲気で、顔全体の印象も変わりますし、顔だけでなく、第一印象そのものが変わることもあります。そういったところからも、鼻についていろいろとコンプレックスを持っている方も多いことでしょう。特に、女性の場合は、いわゆるぽってりした団子鼻も愛嬌があって可愛らしいものですが、可愛らしさよりも美しさを求めたい場合、なんとなく整形を考えてみたりしているのではないでしょうか。男性でももちろんスッキリした鼻への憧れはあるかと思います。

綺麗な女性最近の美容整形は、医師の技術の向上や使われる器具やシリコンなどの医療材料の品質向上などにより、プチ整形と言って、メスを使わずヒアルロン酸を注入して鼻を高くしたりするなど、以前に比べて気軽にできるようになってきました。小鼻周りもメスを使わずに糸を使って広がりを抑えたり、少数ですが、脂肪を溶かす注射や小鼻の筋肉の働きを抑える注射などを使って、小さくする方法などがあります。その分、かかる費用も若干安めの料金になっています。

ですが、注射の場合はいわゆるプチ整形になるため、持続力は弱いので、よりしっかりとしたものを希望する場合は、やはりメスを使ったほうがよさそうです。ここでは、特に小鼻の縮小を目的とした美容整形に関して、少し詳しく調べてみました。